【欧州の新潮流】ブンデスリーガが携わる中国政府の壮大な国家プロジェクトとは?

【欧州の新潮流】ブンデスリーガが携わる中国政府の壮大な国家プロジェクトとは?
 2016年11月、中国とドイツがサッカーにおけるパートナーシップを締結した。調印式には中国の副総理である劉延東氏とドイツのアンゲラ・メルケル首相も立ち会い、国家レベルでの提携が動き出した。

 協定の詳細は明かされていないが、ドイツサッカー連盟(DFB)やドイツフットボールリーグ(DFL)がピッチレベルやリーグ運営レベルのノウハウを提供し、中国国内のサッカーレベル向上と中国代表の強化のために協力する模様だ。その一方で、中国側はドイツからの提案を受けながら出資や市場進出をサポートすることが見込まれている。契約は5年間だが、順調に行けば、延長され続けるという。

 ブンデスリーガの機関誌『ブンデスリーガマガジン』2017年第5版によれば、このアイデアの発端は2013年に習近平が国家主席に就任したことだった。元々サッカー好きの習近平主席は、中国をサッカー大国にすること、そしてワールドカップを開催することを夢見ている。その野望達成のために、6万のサッカーコートを新築し、5万校の学校でサッカーを授業に導入し、5000万人をサッカー選手にするという、壮大な国家プロジェクトを立ち上げた。

 この一連の流れに反応して、広大なマーケットを持つ中国へいち早く参入したイングランドやスペインのビッグクラブに対し、ブンデスリーガは遅れを取っていた。バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲ会長は、今年3月にクラブの中国支部を開設した際に「私たちは他国のトップリーグと別の道を選びたい」とコメントしている。「よりシンパシーを得ながら、持続的な活動をしたい。それに加えて、バイエルンから影響を受けることで、中国サッカーにとっても利益が得られるようになればと思っている」。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年6月29日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。