【インタビュー】岩田卓也(オークランド・シティ)『異国の地で得た“家族”』

【インタビュー】岩田卓也(オークランド・シティ)『異国の地で得た“家族”』
 クラブ世界一を決めるFIFAクラブワールドカップに5大会連続で出場している日本人がいる。ニュージーランドのオークランド・シティでプレーする岩田卓也だ。

 全国高等学校サッカー選手権大会に出場し、大学を経てFC岐阜に在籍した経験を持つ岩田だが、日本のプロで活躍するには至らなかった。その岩田が海外へと活路を見出したのは2010年。選んだのはオーストラリアだった。ビザの関係もあり、2年で離れることになったが、ニュージーランドで運命のクラブであるオークランドと出会った。

 それからまもなく丸5年が経過する。34歳となり、選手としてのキャリアは終盤に差し掛かった岩田に、これまでのサッカー人生を振り返ってもらうとともに、サッカー選手としての現在、そして未来について話してもらった。

インタビュー=小松春生

■海外に出て、僕の性格の“適当さ”がマッチした

―――今シーズン、オークランド・シティは国内リーグのレギュラーシーズンでは1位でしたが、グランド・ファイナルは準優勝でした。一方でOFCチャンピオンズリーグでは優勝し、見事に7連覇を達成。FIFAクラブワールドカップ(以下、CWC)出場の権利を今年も獲得しました。どんなシーズンでしたか?

岩田卓也(以下、岩田) 外国人選手の出場枠もあり、試合に出る機会が減って、すごく苦しかったですね。プレシーズンにケガをしてしまって、5週間くらいチームから離れていた時に、同じポジションの若手がチャンスをつかんだことも大きかったです。外から試合を見ることがつらかったですね。FC岐阜時代も試合に出られなかったことが多かったので、そういった経験はしていましたが、久しぶりにピッチに立てない気持ちがわかって、試合に出られない選手の気持ちも改めて実感しました。友人や日本人の方が試合を見にきてくれているのに出場できていなかったことは、つらかったです。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月28日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。