ビッグカードで“伏兵”の一撃! 青森山田が東福岡を破り3回戦進出

ビッグカードで“伏兵”の一撃! 青森山田が東福岡を破り3回戦進出
 最注目試合の勝敗を動かしたのは、青森山田の“伏兵”だった。平成29年度全国高校総合体育大会のサッカー競技大会は30日に2回戦を行い、青森山田高校(青森)は3-1で東福岡高校(福岡)を下して3回戦に進出した。青森山田は、昨季の全国2冠チーム。対する東福岡は、一昨年の全国2冠。組み合わせが決まった時点で早期の対決が期待されたビッグカードが実現し、会場となったみやぎ生協めぐみ野サッカー場Bには大観衆が押し寄せた。公式記録は3000人だが、スタンドはもちろん、ゴール裏のスペースも人で埋まり、隣のグラウンドを見るためのスタンド最上段から見る観戦者もいるほどだった。休日のため、大人のサッカーファンも多く来場。ピッチに熱い視線を注いだ。

 注目の一戦は、期待に違わぬハイレベルな試合となった。先にペースを握ったのは、東福岡だった。中盤の底で舵を取るMF青木真生都のロングパスに快足を誇る右MF石原利玖が飛び出し、伝統のサイドアタックを繰り出した。しかし、青森山田は黒田剛監督が「高円宮杯U-18プレミアリーグ(EAST、WEST)の成績を比べて、相手は『超』攻撃的、こっちはそれほどでもない。ただ、守備は絶対にうちの方が勝っていると思った。きちんと受け止めてから攻撃をしようと考えていた」と明かした通り、がっちりとした守備から応戦。その中で、効力を発揮したのが、左から右前方の対角線へ飛ばすカウンターアタックだった。そして、右MF浦川流樺が飛び出すのに合わせて、郷家友太と2シャドーを組む田中が、颯爽とゴール前に現れた。25分、浦川が右から送ったクロスを2人でスルーして、背後に走り込んだ田中がシュート。この場面は決め切れなかったが、3分後にはDF小山内慎一郎のロングパスを浦川がヘディングで絶妙に折り返し、中盤から飛び出した田中凌汰が相手GKの鼻先でシュートを合わせて先制した。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年7月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。