初の単独優勝を飾った流経大柏、前回2位の悔しさ晴らした2人のリーダー

初の単独優勝を飾った流経大柏、前回2位の悔しさ晴らした2人のリーダー
 昨季の悔しさを知る2人の働きが大きかった。平成29年度全国高校総合体育大会(通称:インターハイ)のサッカー競技大会は4日にユアテックスタジアム仙台で男子の決勝戦を行い、流通経済大学付属柏高校(千葉)が1-0で日本大学藤沢高校(神奈川)を下して9年ぶり2度目の優勝を果たした。初優勝は、雷雨のために決勝戦が中止となり、同県勢の市立船橋高校(千葉)と両校優勝だったため、初の単独優勝となった。喜びを爆発させる選手も多い中、昨季から主力として活躍し、今季のチームを引っ張ってきた2人は、ともに「嬉しいというより、ほっとした」と張り詰めた緊張からの解放感に満たされていた。

 優勝の原動力となったのは、主将でボランチを務める宮本優太と、攻撃の主軸である菊地泰智だ。ともに昨季から主力としてプレーし、前回大会の準優勝を経験している。流経大柏は、今大会で堅守速攻を徹底した。宮本は、最終ラインと中盤の関係をコントロールしながら、球際を戦い、前線へパスを飛ばした。隙のない守備で相手に精度を上げる余裕を与えなかった。榎本雅大コーチも「そこまでは行けないだろうとこっちが思うところまで、優太は行って、ボールを取ってしまう」と感心する働きぶりだった。

 小柄で足下の技術で勝負するタイプの菊地は、ロングパス主体で特徴を生かすのが難しい展開の中で、我慢してセカンドボールを拾ってラストパスで勝負をしたり、味方のパスに合わせて抜け出したりとゴールを狙い続けた。こちらは、本田裕一郎監督が「(強豪の流通経済)大学とやっても、菊地は落ちない。上のレベルでも十分にできると踏んでいる。どのポジションでもできるし、どんな戦術でも理解する。どこか(プロクラブが)拾ってくれればいいんだけどね。守備もできて、攻撃ができる」と絶賛する選手で、試合の流れに応じてサイドハーフ、ボランチ、トップ下と中盤のすべてのポジションで対応。決勝戦では特に鋭いプレスバックでボールを奪うシーンも何度かあり、守備面で目覚ましい働きを見せた。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年8月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。