初の単独優勝を飾った流経大柏、前回2位の悔しさ晴らした2人のリーダー



 2人とも、今季のチームを引っ張る責任を感じていた。宮本は「昨年から試合に出場している自分と泰智が、絶対に優勝しようと言い合って、厳しいことも言って来たから、良い結果が付いて来たと思う」と話し、菊地も「前回大会で決勝まで進むイメージはつかめていたので、優太と2人で合宿からチームを引っ張って来ました。どういうところで何が必要になるか、どれだけきついかを伝えて来たことは、プラスに働いたと思います。負けたら後悔するということは、みんなが思っていたので『(練習などで)辛い思いをするよりも負ける方が嫌だろ』という話はして来た」と共感を示した。

 菊地の話からは、2人の信頼関係が強くうかがえた。この日、守備面の貢献が大きかったことに触れると「優太は普段から守備を全部やってくれて、その上で攻撃もサポートしてくれる。だったら、自分も攻撃を頑張っているときに、守備もやらなければいけないと思ったという感覚で走りました」と理由を明かした。絶対にチームを優勝させると誓った2人の働きなくして、今大会の優勝はなかっただろう。攻守のつなぎ役である2人の結束力こそ、チームの粘り強さの象徴だった。

文=平野貴也


あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年8月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら