サンプドリア会長、移籍濃厚のシックに「獲得を望んでいるのは…」

サンプドリア会長、移籍濃厚のシックに「獲得を望んでいるのは…」
 サンプドリアのチェコ代表FWパトリック・シックの争奪戦をローマとナポリが繰り広げていることが判明した。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が27日に報じている。

 移籍市場閉幕まで残り5日を切り、シックの移籍先についてサンポドリアのマッシモ・フェレーロ会長は「月曜日には列車に乗り、私の家があるローマに向かう。もし、ローマの幹部が私に会うことを望むのであれば、私はローマにいる。しかし、シックの獲得を望んでいるのはローマだけではない。ナポリも争奪戦を繰り広げている」と、シックの移籍先最有力と見られていたローマに加え、ナポリが参戦していることを明らかにした。

 続けて「個人的には、シックがプロ選手として成長し続けることができるところに行ってもらいたい。一番いい移籍先は、ローマに行くことだ。まずはローマの幹部が私とアポイントをとらなければいけない」と、自らがサポーターでもあるローマへの移籍を願っていることも打ち明けている。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年8月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。