積極補強が続くチェルシー…次なるターゲットはウィガンのWGか

 チェルシーが、ウィガンのWGビクター・モーゼス獲得に迫っているようだ。早ければ、同選手の移籍は12日に控えるマンチェスター・Cとのコミュニティシールドに間に合うと『ESPN』が報じている。

 同メディアによると、チェルシーのロン・グーレイCEO(最高経営責任者)とウィガンのデイブ・ウィーラン会長が、デイヴィスの移籍を巡り6日に接触したとのこと。1度はウィガンがチェルシーからのオファーを拒否したものの、チェルシーのモーゼスへの関心は継続しており、ウィガンの要求金額である850万ポンド(約10億円)を支払う準備があるという。モーゼス自身もチェルシー行きを希望しており、同選手の移籍の可能性は高くなってきているとのことだ。

 モーゼスは2010年の1月にクリスタル・パレスからウィガンに加入。2011-12シーズンはリーグ戦37試合に出場し、ウィガンの残留に大きく貢献していた。
 

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2012年8月7日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。