【FC東京vs磐田プレビュー】FC東京は「やるべきことは、はっきりしている」…今季の磐田は関東圏開催の敵地戦で強さを発揮

【FC東京vs磐田プレビュー】FC東京は「やるべきことは、はっきりしている」…今季の磐田は関東圏開催の敵地戦で強さを発揮
FC東京 ピーター・ウタカが好調を維持し、室屋成は復帰の見込み

【プラス材料】
 安間貴義監督の新体制の2戦目として臨んだリーグ前節は、ミスを重ねる形で柏に1-4で敗れた。それでも選手たちは「やるべきことは、はっきりしている」と前を向く。髙萩洋次郎も「守備の人数が揃っている時には失点していない。まずは不用意なミスを減らし、もう一度走ることや、守備への切り替えを意識し、立て直したい」と話す。

 前節の柏戦は、途中出場のピーター・ウタカがPKを獲得したほか、大久保嘉人との連係でチャンスを演出した。ウタカは好調を維持し、常に相手に脅威を与えるプレーを発揮しているだけに、好機を確実にゴールに結びつけたいところだ。

 また、ハムストリングの負傷から明けた室屋成がJ3リーグでコンディションを高め、今節の磐田戦の先発も見込める状態に。チームにさらなる積極性と勢いをもたらす意味でも明るい材料になる。

【マイナス材料】
 先制を許した後に、チーム全体の士気が下がり、下を向いてしまうことは気掛かりだ。安間監督が「今、我々は『諦めてしまう習慣』をやめようとしている。チーム全員で変わろうとしているので、ここでもう一度、バラバラになることなく、次の試合に挑みたい」と語るように、チームとしての一体感をもって戦えるかが問われている。

 ただし、今節の対戦相手である磐田も、厳しいプレスが特長のチーム。中途半端なボールの失い方をすると、失点は避けられないだろう。そのため、相手のプレスを受けた時に、つなぐことを優先するのか、リスクを回避してセーフティにプレーをするのか、その判断力が求められることになる。カウンター攻撃の鋭い磐田に対して、臨機応変さを発揮できるかも勝敗を左右する。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年9月29日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「大迫勇也」のニュース

次に読みたい関連記事「大迫勇也」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「柿谷曜一朗」のニュース

次に読みたい関連記事「柿谷曜一朗」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。