【広島vs札幌プレビュー】広島は10番のフェリペ・シウバが好調…札幌は栄冠受賞のチャナティップが意欲十分

【広島vs札幌プレビュー】広島は10番のフェリペ・シウバが好調…札幌は栄冠受賞のチャナティップが意欲十分
サンフレッチェ広島 リーグ戦は5試合負けなしと調子上向き

【プラス材料】
 リーグ戦5試合負けなし。今季初の連勝。5試合で2失点。そしてリーグ前節の清水戦では6試合ぶりに複数得点。広島にとってポジティブな材料が積み重なっている。

 特に大きいのは、フェリペ・シウバの覚醒だ。抜群の技術を持ちながら、試合のなかで発揮することができなかったシウバだが、第26節のC大阪戦でリーグ初得点を記録すると天皇杯の横浜FM戦、清水戦と3試合連続でゴールを記録。さらにセットプレーとスルーパスで他の選手の得点も演出するなど、まさに「10番」の活躍を見せつけた。

 他にも運動量豊富な稲垣祥や守備に安定感を感じさせる椋原健太ら、これまで先発していなかった選手たちの評価が向上。チーム内競争が激化している。

【マイナス材料】
 確かに失点は少ない。しかし、リーグ直近5試合の被シュート数を見てみると、6本・13本・7本・13本・14本。一方のシュート数は10本・5本・8本・5本・11本。つまり、相手をシュート数で上回ったのは2試合だけであり、チャンスを相応に与えてしまっていることは事実である。

 前節の清水戦にしてもクロスは30本前後入れられており、そのなかの1本がゴールにつながった。集中が少しでも欠ければゴールネットを揺らされる危険性は否定できない。

 先発メンバーをあえて入れ替え、フェリペ・シウバや稲垣を中盤で起用する可能性が高いことも、ポジティブな部分は確かに少なくないが、コンビネーションの部分で若干の不安は残る。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2017年9月29日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ガンバ大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「ガンバ大阪」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジュビロ磐田」のニュース

次に読みたい関連記事「ジュビロ磐田」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。