【G大阪vs横浜FMプレビュー】G大阪はスタメンの半分近くが代表選手…横浜FMは新星イッペイ・シノヅカに注目が集まる

監督が話す通り、チームとしての守備意識の小さなのミスやほころびが結果的に最終ラインに大きなダメージを与えている。今節は守備での貢献度も高いDF今野泰幸が出場停止だが、彼の穴をいかに埋められるかも明暗を分けるだろう。

文:totoONE編集部

横浜F・マリノス ウーゴ・ヴィエイラはここまで9得点をマーク

【プラス材料】
 ポジティブな材料が少ないなかで、1トップのウーゴ・ヴィエイラがここまで9得点を挙げているのは明るい要素と言えるだろう。

 ウーゴ・ヴィエイラは2-3で敗れたリーグ前節の甲府戦でもマルティノスのクロスをニアサイドで合わせてゴールを決めた。両サイドからのクロスをワンタッチで合わせる術に長けており、良質なクロスが入ればゴールネットを揺らすことができる。2試合連続ゴールで2桁得点に乗せられれば、勝機は高まる。

 また、甲府戦でデビュー戦ゴールを決めたイッペイ・シノヅカにも注目が集まる。サイドからアグレッシブに仕掛けられるアタッカーで、齋藤学の負傷離脱によって先発で起用される可能性もある。実力は未知数ながら勢いがあり、相手も特徴をつかめていない今ならば大仕事をやってのけるかもしれない。

【マイナス材料】
 ここまで1得点8アシストを記録し、攻撃をけん引してきた主将の齋藤が右ひざ前十字じん帯損傷で全治8カ月の見込みと診断された。代えの効かない中心選手が今季絶望の緊急事態で、チームにとっては大打撃だ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ガンバ大阪 井手口陽介
  2. ガンバ大阪 倉田秋
  3. ガンバ大阪 宮本 恒靖
サッカーキングの記事をもっと見る 2017年9月29日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ガンバ大阪 + 倉田秋」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 倉田秋」のおすすめ記事をもっと見る

「ガンバ大阪 + 遠藤保仁」のおすすめ記事

「ガンバ大阪 + 遠藤保仁」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ジュビロ磐田」のニュース

次に読みたい関連記事「ジュビロ磐田」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。