2年ぶり先発復帰の武藤が示す可能性…大迫との連携に「新しいものを見出せた」

2年ぶり先発復帰の武藤が示す可能性…大迫との連携に「新しいものを見出せた」
 日本代表は6日、キリンチャレンジカップ2017でニュージーランド代表を2-1で破った。

 2年ぶりの先発起用だったFW武藤嘉紀(マインツ)はセンターフォワードで出場したFW大迫勇也(ケルン)との連携面に手応えを感じているようだ。

 試合後、取材に応じた武藤は「大迫選手とのコンビネーションに新しいものを見出せたと思う。お互いにチャンスを作れてたし。できれば前半で決めたかった」と代表の戦い方に新しいオプションができたのでは、と考えているという。

 FW原口元気(ヘルタ・ベルリン)、FW乾貴士(エイバル)らドリブルでの推進力がある選手が左サイドを務めてきたが、「違う良さを出さないといけない」と意気込む。「普段は真ん中で、ドリブルはあまりしないけど…。求められるところで結果を出さないと。得点だけです。ポジティブに、エゴイストになっていきたい」とゴール前でのアピールを誓った。

 日本代表は10日、日産スタジアムでハイチ代表と対戦する。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「2年ぶり先発復帰の武藤が示す可能性…大迫との連携に「新しいものを見出せた」」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ドリブルは普段あまりしないけどじゃないんだよ。やるんだよ、やらなきゃ他の選手と違いが出せないし成長してないのを暴露してるだけ、ドリブルデザイナーに教えを請う原口とかの足元にも及ばない

    0
この記事にコメントする

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月6日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。