独紙、不発の武藤と大迫に低評価…好守の長谷部は「大きな仕事をした」

独紙、不発の武藤と大迫に低評価…好守の長谷部は「大きな仕事をした」
 ブンデスリーガ第9節が20日から22日にかけて各地で行われ、日本代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトは、21日の試合でドルトムントとホームで対戦。2点差を追いつき、2-2の引き分けに持ち込んだ。

 長谷部は3バックの中央でフル出場した。地元紙の試合後採点では、まだ万全な状態に戻っていないことを指摘されたが、90分にゴールライン上でシュートをブロックして首位チームからの勝ち点1を守ったプレーには「大きな仕事」との評価がついた。

 日本代表FW武藤喜紀が所属するマインツは、20日の試合でシャルケと対戦。アウェイで0-2と完封負けを喫した。武藤は2試合ぶりに先発起用されてフル出場したが、無得点に終わった。地元紙の試合後採点では「4」の低い点数がついたが、寸評ではチームメイトからボールが回ってこなかったこと、不可抗力の孤立状態に陥ったことが伝えられている(ドイツ紙の採点は最高1点、最低6点)。

 19日にヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第3節に臨んだ最下位ケルンは16位ブレーメンとホームで対戦。今シーズン初勝利を目指した両チームの激突は、スコアレスドローに終わり、勝ち点1を分け合う結果となった。日本代表FW大迫勇也は8試合連続で先発出場したが、訪れた好機を活かせずに無得点のまま81分にベンチに下がった。

 各選手の採点と寸評は以下の通り。

■長谷部誠
対ドルトムント(2-2△)フル出場
『Frankfurter Rundschau』

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月23日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。