いよいよ始まるJリーグ…ゴール量産が期待されるJ1全18クラブの“エース”は誰だ?

いよいよ始まるJリーグ…ゴール量産が期待されるJ1全18クラブの“エース”は誰だ?
       
 2月23日から2018 明治安田生命J1リーグが始まる。上位進出、または残留を目指すためには、前線でゴールを奪う“エース”の存在が不可欠だ。そこで、今季J1で戦う全18チームから、ゴール量産が期待される選手たちを、昨季の得点ランクを基準に選出した(カッコの中は昨季のゴール数)。

■小林悠…川崎フロンターレ(J1:23ゴール)

 昨季キャプテンとして川崎をリーグ優勝に導いた。自身も23ゴールを記録し、得点王とリーグMVPを受賞。EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会で日本代表に選出され、3試合2ゴールをマークするなど、充実の1年を経験した。マークがより一層厳しくなるはずの今季も、最前線からチームを鼓舞する。

金崎夢生鹿島アントラーズ(J1:12ゴール)

 昨季に自己最多となる12ゴールを挙げて鹿島を引っ張った金崎は、背番号を慣れ親しんだ「33」から「10」に変更して戦う。ポストプレーやディフェンスラインの裏を取る動き、足元のテクニックなど、武器がたくさんある選手だ。あと一歩のところで優勝を逃した昨季の悔しさをバネに、ゴールという目に見える形でチームを勝利に導く。

■杉本健勇…セレッソ大阪(J1:22ゴール)

 尹晶煥監督のもとで才能が開花した。1年を通して好調を維持し、得点王の小林に次ぐ、自己最多の22得点を記録。日本代表にも初選出され、キリンチャレンジカップ2017のハイチ戦で1ゴールをマークするなど、国内最高峰のFWとして活躍中だ。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + 中村憲剛」のおすすめ記事をもっと見る

「川崎フロンターレ + ジュニアユース」のおすすめ記事

「川崎フロンターレ + ジュニアユース」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュース

次に読みたい関連記事「鹿島アントラーズ」のニュースをもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月22日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 川崎フロンターレ ジュニアユース
  2. 川崎フロンターレ 中村憲剛
  3. 川崎フロンターレ 大島僚太

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。