「優勝を意識して」佐々木則夫氏がなでしこに提言…JFA理事就任については明言せず

「優勝を意識して」佐々木則夫氏がなでしこに提言…JFA理事就任については明言せず
       
“国際女性デー”の3月8日、なでしこジャパン(日本女子代表)前監督、佐々木則夫氏が都内で開催されたイベントに登場。「今、男性ができること。女性の可能性は無限大」をテーマに、トークセッションを行った。

「女性に“良い背中”を見せてあげてください。そうすることで会話も弾むと思う。逆に苦しむ姿は部下や家族には見せないでください」

 イベントの最後、佐々木氏から参加者たちへ贈られた言葉は、かつては自身が体現し、日本女子サッカーの一時代を作った金言だ。世間の女子サッカーに対する関心が薄い時代、堂々たる背中で引っ張り、ときにはオヤジギャグで選手を笑わせ、“チーム”を作り上げた。なでしこジャパンを率いた8年間では、2011年のW杯優勝、ロンドン五輪準優勝など、女子サッカー史に残る偉業を次々と成し遂げた。2016年のリオデジャネイロ五輪予選を最後に監督を退任したが、熱い思いが消えることはない。イベント終了後、取材に応じた佐々木氏に話を聞くと、2勝2敗の6位(出場12カ国中)で幕を閉じたアルガルベ杯も観戦したという。

「僕が指揮していたときよりも、スペースがなくて、相手のプレッシャーが強いので大変だと思います。今は海外のチームのサッカーの質が全然違う。パワーがあるし、高さがあるし、スピードもある」

 一方で、「ちゃんとスライディングしていたのは阪口(夢穂)だけ。サイドハーフが身を挺して守備をやってない」と、なでしこの課題も感じたという。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「なでしこジャパン」に関する記事

「なでしこジャパン」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事

次に読みたい「なでしこジャパン」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年3月9日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. なでしこジャパン メンバー
  2. なでしこジャパン 監督
  3. なでしこジャパン 試合

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。