熊本、GK内山圭が左ひざ後十字じん帯損傷…全治約3カ月の離脱へ

熊本、GK内山圭が左ひざ後十字じん帯損傷…全治約3カ月の離脱へ
 ロアッソ熊本は19日、GK内山圭が左ひざ後十字じん帯損傷と診断されたことを発表した。

 内山は14日のトレーニング中に負傷。検査の結果、約3カ月の加療を要する見込みと発表されている。

 内山は1993年生まれの24歳。東海大学出身で、2016年に東京武蔵野シティFCに加入した。昨年7月に熊本へ完全移籍で加入。公式戦での出場機会は得ていない。

 熊本は明治安田生命J2リーグ第4節を終えて2勝2敗で10位。次節は21日、大宮アルディージャをホームに迎える。


あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年3月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ザスパクサツ群馬」のニュース

次に読みたい関連記事「ザスパクサツ群馬」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「カマタマーレ讃岐」のニュース

次に読みたい関連記事「カマタマーレ讃岐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「愛媛FC」のニュース

次に読みたい関連記事「愛媛FC」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。