ユヴェントス、選手やスタッフも利用する本格宿泊施設を建設へ

ユヴェントス、選手やスタッフも利用する本格宿泊施設を建設へ
 ユヴェントスのホームスタジアムの近くに、クラブが株式を保有する宿泊施設『Jホテル』が建設されることとなった。イタリア紙『ガッゼッタ・デッロ・スポルト』が20日付で報じている。

 『Jホテル』は138室を擁し、レストランやミーティグルーム、SPA、公園も備える宿泊施設だ。ユヴェントス・フットボールクラブが株式の40パーセントを保有し、残りの60パーセントをエデン・トラベル・グループが持つ。ユヴェントスの本拠地アリアンツ・スタジアムから数百メートルのところに建設予定で、ホテルはユヴェントスのトップチームの選手、スタッフも利用することとなるようだ。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年3月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。