ウェールズのギグス監督、ベイルの去就に言及「レアルに残るべき」

ウェールズのギグス監督、ベイルの去就に言及「レアルに残るべき」
 ウェールズ代表のライアン・ギグス監督が、今夏にレアル・マドリードからの退団が噂されている同国代表FWギャレス・ベイルについて語った。23日付のイギリスメディア『スカイスポーツ』が同監督のコメントを伝えている。

 ベイルは負傷の影響もあり、今季のリーガ・エスパニョーラでは19試合の出場に、スタメンでの出場は14試合にとどまっている。レアル・マドリードの指揮官であるジネディーヌ・ジダン監督からの信頼も決して厚いとは言えず、今シーズンを最後にクラブを離れるのではないかと報じられていた。

 しかし、代表チームで指揮を執るギグス監督はベイルのレアル・マドリード残留に好意的な意見を持っているという。

「レアル・マドリードには一握りの強豪クラブにしか流れていない雰囲気がある。彼はレアル・マドリードに残るべきだ。レアル・マドリードのようなクラブに在籍していれば、常に勝利を追い求めるようになる。彼の評価については心配ない。これまで3度もチャンピオンズリーグ制覇の原動力となっているんだ。そのことが彼の価値を証明しているよ」

 今夏の退団が噂されるベイルには、マンチェスター・Uが関心を持っていると報じられている。果たして、ベイルはギグス監督のアドバイス通りレアル・マドリードに残留することとなるのだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年3月24日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。