テア・シュテーゲン、ローマ戦へ意気込み「バルサらしい戦い方を」

テア・シュテーゲン、ローマ戦へ意気込み「バルサらしい戦い方を」
 バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが、10日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグのローマ戦に向けて意気込みを語った。9日付のスペイン紙『マルカ』が同選手のコメントを伝えている。

 バルセロナは4日にホームで行われたファーストレグを4-1で勝利し、アドバンテージを持ってセカンドレグに臨むこととなる。テア・シュテーゲンはローマ戦に向けて、以下のようにコメントした。

「簡単な試合にはならないだろう。僕たちらしい試合ができるように努めたい。僕たちにはファーストレグで得たアドバンテージがあるから、慌てる必要はない。バルサらしい戦い方を続けて、良い試合にしたいね」

 CL準々決勝セカンドレグのバルセロナ対ローマ戦は、ローマの本拠地スタディオ・オリンピコで行われる。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年4月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。