【インタビュー】GLIM SPANKYが語る“ガチンコサッカー愛”「目標はアルウィンでライブ!」

【インタビュー】GLIM SPANKYが語る“ガチンコサッカー愛”「目標はアルウィンでライブ!」
 2014年にメジャーデビューし、60~70年代のロックとブルースを基調にしながらも、新しい時代を感じさせるサウンドで注目を集める、松尾レミさん(Vo/Gt)と亀本寛貴さん(Gt)からなる男女二人組新世代ロックユニットGLIM SPANKY。

 中でも、自身のSNSで度々言及するなどしている亀本さんがサッカーの大ファンということを聞きつけ、競技としての魅力や音楽との親和性、2人の出身である長野県に本拠を構える松本山雅FCとのエピソードなどを聞いた。

インタビュー=小松春生
写真=野口岳彦、ゲッティイメージズ、Jリーグ

■日韓と南アW杯が契機



——亀本さんはSNSでサッカーの感想などを頻繁に投稿されていらっしゃいます。サッカー好きと聞きつけ、今回お邪魔しました。好きになったきっかけから教えてください。

亀本寛貴(以下、亀本) 最初は小学4年生の時、ふと「サッカーって面白そうだな」って思ったことです。でも、やってみようとしたんですけど、僕が通っていた小学校は2クラスしかなく、男子は全部で20人。そのうち半分は野球をしていて、地域にもサッカーチームが無かったので、市のサッカークラブに入りました。結構大きなチームだったんですけど、同じ学校の子がいなくて。なので、流れで野球を始めました。

 でも、小学6年生の時に日韓ワールドカップがあって、否が応にもサッカーに目が行って。中学で部活動を選びなおす時に、やっぱり野球よりも好きだったので、サッカー部に入部して高校卒業まで6年間やりました。当時は見ることが好きというわけではなく、むしろ普段プレーしているので、休みの日まで見たくないくらいで(笑)。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年4月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュース

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュース

次に読みたい関連記事「水戸ホーリーホック」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。