移籍金総額560億円…バルサ、セルタ戦のスタメンが「贅沢すぎる」

移籍金総額560億円…バルサ、セルタ戦のスタメンが「贅沢すぎる」
 17日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節でセルタと対戦し、2-2の引き分けに終わったバルセロナ。同試合のスタメンには、贅沢なメンバーが名を連ねていたと話題になっているようだ。18日付のスペイン紙『アス』が伝えている。

 21日に行われるセビージャとのコパ・デル・レイ(国王杯)決勝を見据え、エルネスト・バルベルデ監督は主力を温存。スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、同代表MFセルヒオ・ブスケツ、同代表DFジェラール・ピケは招集外に。さらに、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシやウルグアイ代表FWルイス・スアレス、フランス代表DFサミュエル・ユムティティらもベンチスタートとなった。

 その結果、スタメンには高額選手がずらりと並んだという。主な選手は以下のとおり。(移籍金は『アス』より。円換算は現レート)

▼DF
ネウソン・セメド(ポルトガル代表)・・・3000万ユーロ(約40億円)
▼MF
フィリペ・コウチーニョ(ブラジル代表)・・・1億2000万ユーロ(約160億円)
パウリーニョ(ブラジル代表)・・・4000万ユーロ(約53億円)
アンドレ・ゴメス(ポルトガル代表)・・・3500万ユーロ(約47億円)
▼FW
ウスマン・デンベレ(フランス代表)・・・1億500万ユーロ(約140億円)
パコ・アルカセル(スペイン代表)・・・3000万ユーロ(約40億円)

 同紙によると、セルタ戦でスタメン出場した選手たちの獲得費用は、総額で4億2155万ユーロ(約560億円)にのぼるという。これは現時点で考えられるベストメンバーの獲得にかかった費用の総額よりも、1億4655万ユーロ(約195億円)も高いそうだ。

当時の記事を読む

サッカーキングの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「欧州サッカー」に関する記事

「欧州サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「欧州サッカー」の記事

次に読みたい「欧州サッカー」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年4月19日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。