【コラム】優秀な先輩たちに影響を受け、成長を続けるシメオネ・ジュニア

【コラム】優秀な先輩たちに影響を受け、成長を続けるシメオネ・ジュニア
 首位ユヴェントスを追いかけるナポリの夢を砕いたのはフィオレンティーナのワントップ、ジョバンニ・シメオネだった。4月29日に行われたセリエA第35節で、DFカリドゥ・クリバリの退場処分で10人になったナポリを相手にトリプレッタ(1試合3得点)と大暴れした。

 “ショリート”(小さなショーロ)の愛称を持つジョバンニは、“ショーロ”と呼ばれた元アルゼンチン代表でインテルでもプレーしたディエゴ(現アトレティコ・マドリート監督)を父に持つ。リバープレートで育ち、ジェノアを経て、今シーズンからフィオレンティーナにやってきた。セリエAで成長中の二世選手の一人、フェデリコ・キエーザと共にチームの攻撃面を引っ張っている。ジョバンニもこれで合計13得点とし、昨シーズンを上回るゴール数となった。

 ナポリ戦後、ジョバンニは「ハットトリックを誰に捧げるか」という問いに対し、「祖父と父に捧げる」とキッパリと答えた。彼によると「祖父(カルロス氏)は毎試合、欠かさずテレビ観戦していて、試合後に『お前は何であのシュートを外したんだ。説明しなさい』と電話で言われる」という。また父、ディエゴも厳しい批評とアドバイスを欠かさないそうだ。

 フィオレンティーナにとって、ナポリ戦はヨーロッパ・リーグ出場権をかけてのビッグ・マッチだった。試合前に、ジョバンニはナポリのスクデットを応援する故郷の英雄ディエゴ・マラドーナ氏について、次のように話した。「彼は神話だ。アルゼンチン国内と同じようにナポリで愛されている。でもだからといって、ナポリの夢を考えてはならない。僕たちには僕たちの夢がある」と6位の座をつかみに行く強い意志を口にしていた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年5月5日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。