【コラム】ELを制したアトレティコ・マドリード…旧エースの終幕と現エースの未来

【コラム】ELを制したアトレティコ・マドリード…旧エースの終幕と現エースの未来
 これほど素敵な結末があるだろうか。

 チームのシンボルである“エル・ニーニョ(子ども、少年の意味)”が、キャプテンで下部組織からの戦友であるガビから渡されたトロフィーを掲げた。満面の笑みだ。スペイン代表としてメジャー大会3連覇(2008、2012年ユーロ、2010年ワールドカップ)を達成し、チェルシー在籍時にチャンピオンズリーグ(CL)とヨーロッパリーグ(EL)を制覇するなどタイトルに恵まれていたフェルナンド・トーレスだが、愛するクラブでは何も勝ち取っていなかった。

 今シーズン限りでの退団が決まっているトーレスにとって、11歳で入団し、17歳でトップチームの公式戦にデビューしたクラブでタイトルを勝ち取る最後のチャンスが、マルセイユとのEL決勝だった。トーレスは試合が決した3点目が決まった90分にピッチに投入されたが、試合後に出演したスペインのテレビ、ラジオ番組で「自分のチームでタイトルを手にするという小さな頃からの夢が叶った」と喜び、「トロフィーを掲げた場面は必ず写真にして飾る」と宣言していた。出場機会は少なく、活躍する場面も少なかったが、終幕はクラブの象徴にふさわしいものとなった。

 アトレティコ・マドリードにとって、苦しいシーズンだった。

 未成年選手の登録に違反があったとして、FIFA(国際サッカー連盟)から2017年は新たな選手登録が禁止された。つまり、昨シーズンの冬と今シーズンの夏の移籍市場で補強ができなかった。1月の移籍市場まで新戦力を加えられなかったチームだったが、序盤戦では“お隣の欧州王者”が勝ち点を失う中、着実にポイントを積み重ね、3月の直接対決までバルセロナに喰らいついていた

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. フェルナンド・トーレス サガン鳥栖
サッカーキングの記事をもっと見る 2018年5月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「フェルナンド・トーレス + サガン鳥栖」のおすすめ記事

「フェルナンド・トーレス + サガン鳥栖」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「久保建英」のニュース

次に読みたい関連記事「久保建英」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「岡崎慎司」のニュース

次に読みたい関連記事「岡崎慎司」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。