ボーンマス、期待の若手MFクックと契約延長…契約期間は2022年まで

ボーンマス、期待の若手MFクックと契約延長…契約期間は2022年まで
 ボーンマスはイングランド代表MFルイス・クックと契約延長したことを発表した。18日、公式サイト上で発表している。

 今回契約期間は現行契約から4年間延長した2022年6月末までと発表された。

 契約延長に際しクックは「この新契約は非常に誇らしいし、喜ばしいことだ。ここでのプレーを楽しみたいし、ボーンマスでの将来にわくわくしているよ」と喜びのコメントを残している。

 現在21歳のクックは2014年から所属していたリーズで活躍。2015-16シーズンの2部リーグ以下すべてのディビジョンにおける最優秀若手選手に輝き、2016年にボーンマスへ移籍。今シーズンは中心選手としてリーグ戦29試合に出場している。

 またクックは、2018年3月に行われたイタリア代表との国際親善試合でイングランドのフル代表デビュー。16日に発表された2018 FIFA ワールドカップ ロシアに参加するイングランド代表の予備メンバーに選出されている。

 アーセナルやリヴァプールなど複数ビッグクラブが獲得を目指していると報じられる中、4年間の契約延長は残留を勝ち取ったボーンマスにとって朗報となりそうだ。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年5月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。