【Jリーグと私】山本杏奈(=LOVE)~広島愛、Jで感じた一体感を抱えて~

【Jリーグと私】山本杏奈(=LOVE)~広島愛、Jで感じた一体感を抱えて~
 25周年を迎えたJリーグ。DAZN(ダ・ゾーン)が展開するネット配信視聴へと移行して2年目を迎え、サポーターがJリーグと触れ合う環境も大きく変化し、各クラブもあの手この手で集客や告知に奔走するなどしている。

『サッカーキング』ではJリーグ、各クラブを愛すると公言する人たちに、その魅力や観戦術などを聞くインタビュー『Jリーグと私』を不定期連載中。改めてJリーグの魅力についていろいろなジャンルの方に聞いていく。

 第7回は、広島県出身でサンフレッチェ・レディースとして2014年から3年間、エディオンスタジアム広島を盛り上げた山本杏奈さん。現在はHKT48の指原莉乃さんと代々木アニメーション学院がプロデュースするアイドルグループ『=LOVE(イコールラブ)』のリーダーとして活動する彼女に、サンフレッチェ広島の魅力や、広島という土地への愛情について話してもらった。

インタビュー=小松春生
写真=兼子愼一郎

■サポーターの方に声をかけていただいたことがありがたかったです

サッカーに関心を持ち始めたのは、いつ頃からでしょうか?

山本杏奈(以下、山本) お父さんが日本代表の試合を中心にテレビでよく見ていて、最初は一緒に見ていました。2014年から『サンフレッチェ・レディース』として活動させていただくようになってから、広島について注意深く見るようになり、それまではお父さんに「見せられている」感覚だったのが、自分から「サッカーを見たい!」と思うようになりました。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年5月25日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。