20歳FWキエーザ、プレミア勢が争奪戦か…マンC、マンU、リヴァプールが関心

20歳FWキエーザ、プレミア勢が争奪戦か…マンC、マンU、リヴァプールが関心
 フィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザが、プレミアリーグの複数のクラブから関心を寄せられているようだ。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が12日に報じている。

 報道によると、キエーザの獲得に強い関心を示しているのは、リヴァプール、マンチェスター・C、マンチェスター・U。具体的なオファーが近日中にも提示されるとの見方が強まっており、争奪戦が繰り広げられることとなりそうだ。

 なおキエーザについてはイタリア国内のクラブも獲得に動いているようで、インテルは移籍金4000万ユーロ(約52億円)を提示したが、フィオレンティーナ側が拒否。同クラブは移籍金額を7000万ユーロ(約91億1000万円)以上の額に設定し、強気な姿勢を見せているという。

 フィオレンティーナは昨年夏、イタリア人FWフェデリコ・ベルナルデスキがユヴェントスに移籍。今夏は“もう一人のフェデリコ”を放出することとなりそうだ。

 キエーザは1997年生まれの20歳。元イタリア代表FWエンリコ・キエーザ氏の息子で、2016-17シーズンのセリエA開幕戦でトップチームデビューを果たした。昨年5月にはイタリア代表にも招集され、今年3月にデビュー。2017-18シーズンのセリエAでは全38試合中36試合に出場し、6得点を挙げている。


あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年6月13日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。