広島が終了間際の失点で柏に敗戦…得失点差で首位を維持/J1第29節

 J1第29節が20日に行われ、広島と柏が対戦した。

 ホームで戦う首位の広島だったが、スコアレスで迎えた前半ロスタイムに柏のクォン・ハンジンに先制点を奪われ、1点ビハインドで試合を折り返す。しか し、52分に佐藤寿人のパスから森崎浩司が右足のダイレクトシュートを突き刺し、後半早めに試合を振り出しに戻すことに成功する。

 同点後も広島は勝ち越しのチャンスを得るが、ゴールは挙げられずに試合終盤に突入。ところが、引き分けに終わるかと思われた後半ロスタイムにCKから柏の増嶋竜也に決勝点を奪われ、1-2と土壇場で黒星を喫した。

 広島は勝ち点54にとどまり、浦和を下した2位の仙台に勝ち点で並ばれたが、得失点差で首位を維持している。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2012年10月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。