イングランド代表DFウォーカー、ファーディナンド氏の批判に反論

イングランド代表DFウォーカー、ファーディナンド氏の批判に反論
 イングランド代表DFカイル・ウォーカーは、元イングランド代表DFリオ・ファーディナンドが残した、自身のチュニジア代表戦についての批判的なコメントに対して反論している。

 ウォーカーは2018 FIFA ワールドカップ ロシアにおいて本職である右サイドバックからセンターバックへと移行してプレーしている。同選手のパフォーマンスについて批判的なコメントを残したファーディナンド氏に対して、ウォーカー本人が反論した。

 同選手は次のように語った。

「僕にとって新しいポジションであり、今はまだ学んでいる最中だ。監督をはじめとした周りの素晴らしい指導者たちが僕に重要なポイントを教えてくれる」

「ファーディナンドも自分の意見を言う権利はあるが、彼が実際に試合(チュニジア代表戦)に出ていたわけではない。批判を不快に感じなかったわけではないが、僕のやり方で今後改善していくつもりだ」

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年6月24日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。