日本代表、前半をスコアレスで折り返す…強豪ポーランドと互角の勝負

日本代表、前半をスコアレスで折り返す…強豪ポーランドと互角の勝負
 2018 FIFAワールドカップ ロシア・グループステージ第3戦が28日に行われており、ポーランド代表と対戦している日本代表が前半を0-0で折り返した。

 引き分け以上で決勝トーナメント進出が決まる日本はセネガル戦からスタメンを6人入れ替え、槙野智章酒井高徳山口蛍宇佐美貴史岡崎慎司武藤嘉紀が初先発を飾った。一方のポーランドは、エースのロベルト・レヴァンドフスキを先発で起用した。

 13分、ロングボールの落としを受けた武藤が敵DFをかわしつつ、ペナルティエリア手前からシュートを放ったものの、相手GKにセーブされてしまった。

 32分、日本はポーランドに攻め込まれた。自陣深くまでボールを運ばれると右サイドを上がってきたバルトシュ・ベレシンスキにクロスを入れられ、カミル・グロシツキがヘディングシュート。しかし、このシュートを川島永嗣が右手でスーパーセーブ。酒井宏樹がこぼれ球を外に出し、前半最大のピンチを免れた。

【前半スコア】
日本代表 0-0 ポーランド代表

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年6月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。