“ドーハの悲劇”によって磨かれた勝者のメンタリティ…日本代表新監督・森保一を紐解く2つの物語【前編】

“ドーハの悲劇”によって磨かれた勝者のメンタリティ…日本代表新監督・森保一を紐解く2つの物語【前編】
「君、どこのポジションをやっているの?」
 
 1992年4月、森保一が初めて日本代表に招集された時、代表の常連だった井原正巳に真面目な顔で聞かれた言葉がこれだ。井原だけでなく他の代表選手もほとんど森保のことを知らなかった。所属チームであるマツダ(現サンフレッチェ広島)は、日本リーグ1部に前年復帰したばかり。特別に目立った活躍をしていたという自覚も森保自身にはなく、代表招集を伝えた河内勝幸コーチ(当時)に「冗談はいいから、何の要件なんですか?」と聞き返したという。

 それほどの無名選手だった森保が一気に注目を集めたのは、初の国際試合出場となったキリンカップのアルゼンチン戦だった。試合は0−1で敗れたものの、同国のスーパースター、クラウディオ・カニーヒアが「日本の17番が本当にイヤだった」とコメントした。アルゼンチン代表のアルフィオ・バシーレ監督も「17番が日本代表でもっとも印象に残った」とコメント。言うまでもなく、17番とは森保一のことだ。



 それまで、日本のサッカー界では三浦知良のようなストライカー(正確にいえば、当時はチャンスメイカーだったが)やラモス瑠偉のようなゲームメーカーばかりが注目されていた。しかし、アルゼンチンのスーパースターや名将が森保に言及したことで、彼のポジション「ディフェンシブハーフ」、今でいうボランチが注目を集めることになった。中盤でアグレッシブに動いてプレスをかけ、相手攻撃の数手先を呼んでパスをカットしたり、センターバックのプレーを助けたり。それまではマニアが注目していたこのポジションの役割に、森保の頑張りによってスポットライトが当たったのだ。もし、このエピソードがなかったら、

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年7月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。