期待違わぬ激戦、インハイ一回戦屈指の好カードで光った東福岡MF篠田憲政の“意地”

期待違わぬ激戦、インハイ一回戦屈指の好カードで光った東福岡MF篠田憲政の“意地”
 インターハイ一回戦最大の好カードは、その名に恥じぬ『激戦』であった。

「矢板中央はプリンス関東で首位を走っているチーム。Jユースが多くいる中で首位を走ることは、当然今年のチームは力を持っているのだろうし、自信を持ちながら初戦を迎えて来る。最終的に厳しいゲームの中でどう勝ちに結びつけるかを意識しました」

 森重潤也監督が語ったように、東福岡は相手を警戒しながらも、いかに『勝ち切るか』にフォーカスを当てて、この一戦に臨んだ。その一つがMF篠田憲政のアンカー起用だ。本来、篠田はシャドーなど1.5列目をこなし、中村拓也がアンカーをこなすが、2人のポジションを入れ替えた。

 篠田は178cmと高さはないが、バネとフィジカルの強さを持ち、空中戦に強い選手。

「県予選でも競り合いが強い相手に対してアンカーをやっていたことあったので、この試合のアンカーはあると思っていました。対戦相手が矢板中央に決まったときから、自分にそういう役割が来ると思っていたし、スカウティングから実際にそうなりました。良さが出せると楽しみにしていましたし、イメージはできていました」という本人の言葉通り、立ち上がりから190cmの相手FW望月謙をシャットアウトすると、セカンドボールを拾っては、素早く1トップの大森真吾、左の吉岡幸陽と右の野寄和哉の両ワイドに当てて、そこから中村拓也と荒木遼太郎のツーシャドーが絡んで行く攻撃を機能させることになった。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年8月7日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。