【清水vs川崎プレビュー】清水はドウグラス&北川を起点に好機を窺う…サイド攻撃に警戒する川崎は登里が先発の見込み

【清水vs川崎プレビュー】清水はドウグラス&北川を起点に好機を窺う…サイド攻撃に警戒する川崎は登里が先発の見込み
清水エスパルス 鹿島に善戦したことで「戦い方」に自信



【プラス材料】
 前節・鹿島戦ではリーグ再開後の初黒星を喫したが、内容的にも強豪クラブに対してやりたい形で試合を進めることができ、シュートがポストに2回当たるなど決定機の数でも上回った。守備でも、失点シーン以外で鹿島に決定機が訪れたのは清水側の不用意なミスによる1回だけで、「選手たちは自信を失っていない」とヤン・ヨンソン監督。自分たちの「戦い方は間違っていない」(白崎凌兵)という信念はより強くなっている。

 けがで離脱していたクリスランも復帰して、6日の練習試合では90分間フル出場。得点はなかったが惜しい場面もあった。またそれ以上に2トップのドウグラスと北川航也のコンディションが良く、カウンター攻撃では少人数で点を取る力もある。良い形で川崎からボールを奪うことができれば、ゴールを奪える可能性は広がってくる。

【マイナス材料】
 前節・鹿島戦では、後半アディショナルタイムにセットプレーから失点(再開後初めて)して0-1で敗退。勝負強さという面では、まだ鹿島に及ばなかった。昨年の最終節に大逆転で初のリーグ制覇を成し遂げた川崎も、ノンタイトル時代よりも格段に試合巧者になっているはず。そこは清水にとって不利な要素となるだろう。決定力という面も、清水はアタリの日とハズレの日の差が大きく、それも予想しづらい要素のひとつだ。

 また、清水は4-4-2のコンパクトな守備ブロックを作って手堅く守るのが持ち味だが、川崎はそのブロックを崩すことに国内でもっとも長けているチーム。流動的な動きやコンビネーション、スルーパスなどで守備組織に揺さぶりをかけてくる相手をいかに食い止めるかという部分は、不安要素であると同時に楽しみな部分でもある。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 清水エスパルス 日本代表
サッカーキングの記事をもっと見る 2018年8月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ジェフユナイテッド千葉」のニュース

次に読みたい関連記事「ジェフユナイテッド千葉」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。