要因は『観察力』と『信頼』 2011年W杯ともシンクロした“ヤングなでしこ”世界一の理由

要因は『観察力』と『信頼』 2011年W杯ともシンクロした“ヤングなでしこ”世界一の理由
 グループリーグで1敗して、グループ2位で決勝トーナメント1回戦に進むと、対戦相手は優勝候補のドイツに決まった。日本の戦いはここまでかと思われたが、大方の予想に反して日本が総合力で突破すると、歴史的勝利を続けて決勝へ。そして、初の決勝の舞台も制して日本が初優勝を遂げる。大会前はレギュラーとは言えなかった選手が、大会中に定位置を掴んでヒロインとなり、チームに勢いをもたらした。

 これは、先のFIFA U-20女子ワールドカップフランス2018で優勝した、U-20日本女子代表の戦績でもあるし、FIFA 女子ワールドカップドイツ2011で優勝した、なでしこジャパンの戦績でもある。

 2011年のヒロインはMF川澄奈穂美(現・シアトル・レインFC/アメリカ)だった。今夏のヒロインは、強烈な左足のキックを持つチーム最年少MF遠藤純(JFAアカデミー福島)だ。

 世界一に立った2011年のなでしこジャパンと、2018年のU-20日本女子代表には、共通点が多い。

 2011年のなでしこジャパンは、選手が互いに連携しあってボールを奪う、“ソーシャルサッカー”で世界を驚かせた。2018年のU-20日本女子代表を率いた池田太監督は、『ハードワーク』という言葉を選手やメディアの前で多用している。相手の選手と選手の間に立ち、絶妙な距離感を90分間保ったまま、相手に休みなくプレッシャーをかけ、まずボールに近い選手2人以上がボールを奪いに行き、その周りの選手も、こぼれ球を拾えるところで準備しておく。これは言葉は違えど、2011年のなでしこジャパンが実行した、“ソーシャルサッカー”と同義ではないだろうか。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年8月27日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら