今季ELで「市場価値」が最も高い選手は? ベストイレブンにプレミアから8人

今季ELで「市場価値」が最も高い選手は? ベストイレブンにプレミアから8人
 2018-19シーズンのヨーロッパリーグ(EL)・グループステージが、いよいよ20日に開幕する。チャンピオンズリーグ(CL)は欧州最強の座をかけてトップクラブが集う大会だが、ELは知名度のそれほど高くないクラブも参加するため、地味なイメージを持っている人も多いのではないだろうか。

 しかし、昨シーズンはアトレティコ・マドリード、2シーズン前はマンチェスター・Uが優勝するなど、CLでも上位を争うポテンシャルを持った強豪クラブが頂点に上りつめている。今シーズンも、チェルシー、アーセナル、ミラン、マルセイユといった歴史と伝統のあるクラブが勢ぞろい。王者には翌シーズンのCL出場権が与えられるとあって、熱戦が繰り広げられること必至だ。

 移籍情報サイト『transfermarkt』では開幕に先駆けて、今シーズンのELに参加するメンバーで市場価値が最も高いベストイレブンを組んでいる。いずれも「ワールドクラス」と呼ぶに相応しい選手たちが名を連ねており、“ミニ・チャンピオンズリーグ”とも称されるELの主役候補たちに注目したい。

▼GK
ケパ・アリサバラガ(チェルシー/スペイン代表)
市場価値:4000万ユーロ(約52億4000万円)

今夏、GK史上最高額の8000万ユーロ(約104億8000万円)でチェルシーに加入したケパは、プレミアリーグでは開幕5試合連続でフル出場を果たすなど、早くもレギュラーの座を不動のものとしている。古巣アスレティック・ビルバオは過去3シーズン連続でELに参加しているが、同大会では控えのGKが起用されていたことから、意外にも今回が欧州カップ戦デビューとなる。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年9月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。