初出場から9年半、ミュラーがCL通算100試合出場…ドイツ人最多42得点

初出場から9年半、ミュラーがCL通算100試合出場…ドイツ人最多42得点
 19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ第1節で、バイエルン(ドイツ)は敵地でベンフィカ(ポルトガル)と対戦。2-0と完封勝利を収めた。

 同試合で88分からピッチに立ったドイツ代表FWトーマス・ミュラーが、CL通算100試合出場を達成した。バイエルンの公式HPが伝えている。

 ミュラーは2009年3月10日に行われたCL決勝トーナメント1回戦セカンドレグのスポルティング戦でデビュー。以後はコンスタントに試合出場を続け、初出場から約9年半で100試合出場を達成した。42得点はドイツ人歴代最多の数字で、出場数は同国歴代3位となっている。

 ドイツ人選手で最も多くのCL出場数を記録しているのは、元同国代表DFフィリップ・ラーム氏(112試合)と同GKオリヴァー・カーン氏(103試合)だ。ミュラーが今後も順調に出場数を伸ばしていけば、記録更新も期待できる。


あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年9月20日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。