マンCがリヨンMFエンドンベレを狙う…今夏の移籍市場でも獲得を打診

マンCがリヨンMFエンドンベレを狙う…今夏の移籍市場でも獲得を打診
 マンチェスター・Cが、リヨンのU-21フランス代表MFタンギ・エンドンベレ獲得に関心を示しているようだ。フランスメディア『LE10Sport』が報じている。

 同メディアによると、今夏の移籍市場でマンチェスター・Cは移籍金5000万ユーロ(約66億円)での獲得をリヨンに打診したものの、移籍実現には至らなかったという。その後、エンドンベレはリヨンとの契約を2023年まで延長した。それでも、マンチェスター・Cは同選手の獲得を諦めておらず、調査を継続している模様だ。リヨンの試合にマンチェスター・Cのスカウトが来場していたことを、同紙は伝えている。

 エンドンベレは現在21歳。2016-17シーズンにアミアン(当時フランス2部)でデビューを飾ると、2017年夏にリヨンへ移籍した。すると、移籍1年目からいきなりリーグ・アンで35試合に出場し、一躍ビッグクラブの注目を集める存在となっている。


あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年9月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。