アーセナルDFパパスタソプーロス、エメリ監督には「まだ時間が必要」

アーセナルDFパパスタソプーロス、エメリ監督には「まだ時間が必要」
 アーセナルに所属するギリシャ代表DFソクラティス・パパスタソプーロスは新たに就任したウナイ・エメリ監督は、プレミアリーグに馴染むまでに時間が必要だという。28日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 エメリ監督は、アーセン・ヴェンゲル氏の後継者として今シーズンからアーセナルの指揮を摂ることとなった。同監督は王者マンチェスター・Cとチェルシーを相手に開幕戦2連敗となってしまったが、現在はリーグ戦4連勝を記録している。

 ソクラティスもエメリ監督と同様に、今シーズンからアーセナルに加入。負傷中のフランス人DFローラン・コシェルニーの代わりに、ディフェンスの要を担っている。

 同選手はエメリ監督について次のように語った。

「クラブが一丸となってエメリ監督のために努力しているよ。アーセナルというこの歴史的なクラブは、ヴェンゲル元監督の退任を機に、新たな時代を迎えようとしている。この変化に馴染むまでは時間が必要だ」

「このような大きなクラブを成功に導くことは容易ではない。エメリ監督は日々、僕たち選手たちのために努力してくれているからこそ、ピッチで成功がもたらされると信じているよ」

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年9月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。