終了間際の劇的同点弾…スタリッジ「僕のキャリアにおけるベストゴール」

終了間際の劇的同点弾…スタリッジ「僕のキャリアにおけるベストゴール」
 リヴァプールに所属するイングランド人FWダニエル・スタリッジが、29日に行われたプレミアリーグ第7節のチェルシー戦を振り返った。大手メディア『ESPN』が30日に同選手のコメントを伝えている。

 スタリッジは同試合でリヴァプールが1点ビハインドとなっていた終了間際の86分に投入された。すると、89分にペナルティエリア手前から左足で強烈なシュートを突き刺し、チームを敗戦から救う同点ゴールを奪って見せた。

 スタリッジは試合を振り返り「僕たちは多くのチャンスを作ったが、得点することはできていなかった」とコメント。「おそらく、今日のゴールは僕のキャリアにおけるベストゴールだと思う。しかも、チームの結果に繋がるゴールだったことが嬉しい。僕は残された時間の中でベストを尽くす必要があったし、チームを勢いに乗せることが重要だと思っていた」と述べ、自身のスーパーゴールよりもチームの結果が最優先であることを強調した。

 スタリッジは今季ここまでの公式戦で7試合に出場し4ゴールを挙げており、この得点数はセネガル代表FWサディオ・マネと並んでチームトップとなっている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年9月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。