【U-18フットサル女子代表】初の試合は関東選抜に3-6で敗れるも、試合中に確かな成長を見せる

【U-18フットサル女子代表】初の試合は関東選抜に3-6で敗れるも、試合中に確かな成長を見せる
[9.29 練習試合 U-18女子日本代表 3-6 関東選抜 ミズノフットサルプラザ味スタ]

 第3回ユースオリンピック大会でフットサルは初めて競技化された。この大会に出場するU-18女子フットサル日本代表は都内でトレーニングキャンプを行い、29日には関東選抜と練習試合を行った。U-18女子日本代表は3-6で敗れている。

 U-18女子代表の先発は、GK須藤優理亜(Laufen)、FP横山凛花(丸岡)、FP池内天紀(丸岡)、FP前田海羽(丸岡)、FP山川里佳子(丸岡)の日本女子リーグにも出場している福井丸岡ラックセット。対する関東選抜は、FP秋田谷美里(サイコロ)、FP筏井りさ(サイコロ)、FP宮原ゆかり(FOREST)、FP鎰谷佳恵(立川・府中)のセット。GKは前半にU-18女子代表のGK小林望月(丸岡)が務め、後半は須藤が務めた。

 U-18女子代表にとっては、結成以来、初めての試合。一方、関東選抜は合流直後で練習は一度も行っていないが、集まったのは木暮賢一郎監督がピックアップした現役日本代表選手やそれに準ずる選手たち。ほぼ全員が木暮監督の下でトレーニングした経験もあり、拠り所にできる戦術が頭に入っていた。



 試合は序盤から関東選抜が主導権を握り、開始40秒で宮原が先制ゴールを決められる。U-18女子代表はFP追野沙羅(Laufen)、FP荒井一花(丸岡)、FP宮本麻衣(京都精華学園高)、FP安部美楽乃(十文字高)がセカンドセットに入った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年9月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「バレーボール」のニュース

次に読みたい関連記事「バレーボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュース

次に読みたい関連記事「ハンドボール」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュース

次に読みたい関連記事「バドミントン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。