アルビレックス新潟シンガポールがリーグ戦無敗達成、最終戦を勝利で飾る

アルビレックス新潟シンガポールがリーグ戦無敗達成、最終戦を勝利で飾る
 2018シンガポール・プレミアリーグ最終節、アルビレックス新潟シンガポールはウォーリアーズFCと対戦。24分に鎌田啓義のパスを室伏航が冷静に沈めてアウェーで先制する。前半終了間際にPKから失点を許すものの、熊谷駿が57分に決勝点を決めてアルビレックス新潟シンガポールが最終戦を2-1の勝利で締めくくった。

 アルビレックス新潟シンガポールは第18節にリーグ3連覇を達成。21勝3分0敗69得点17失点、シーズンをリーグ無敗で終えた。残すタイトルはRHBシンガポールカップのみ。10月3日に決勝進出を懸けてホーム・ユナイテッドとの第2戦の臨む。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年9月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ファジアーノ岡山」のニュース

次に読みたい関連記事「ファジアーノ岡山」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サンフレッチェ広島」のニュース

次に読みたい関連記事「サンフレッチェ広島」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。