マドリード・ダービーはスコアレスで終了…ゴディン「互角の勝負だった」

マドリード・ダービーはスコアレスで終了…ゴディン「互角の勝負だった」
 アトレティコ・マドリードに所属するウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディンが、29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節、スコアレスで終わったレアル・マドリードとの“マドリード・ダービー”を振り返った。29日付のスペイン紙『マルカ』が同選手のコメントを伝えている。

 ゴディンはどのようにプレーすべきかチーム全体で共有できていたことを明かし、集中力を切らさない守備やカウンター攻撃などでレアル・マドリードを苦しめることができたと主張した。

「僕たちはどのようなプレーをしたらレアル・マドリードが嫌がるか分かっていた。ボールを持っていない時でも僕たちは粘り強く守れていたし、攻撃面でも力を発揮できていた」

「前半は素晴らしい内容だった。僕たちは多くのチャンスを作った。PKかどうか議論になりそうなシーンもあったしね。後半に入るとレアル・マドリードはプレスの強度を上げてきた。多くのチャンスを作られてしまったが、(ヤン・)オブラクがチームを助けてくれた。互角の勝負だったと思う」

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年9月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。