モウリーニョ監督の右腕、ファリア氏が退任の理由を明かす「家族のため」

モウリーニョ監督の右腕、ファリア氏が退任の理由を明かす「家族のため」
 現在マンチェスター・Uを率いるジョゼ・モウリーニョ監督の右腕として活躍したルイ・ファリア氏が退任の理由を語った。イギリスメディア『タイムズ』が報じている。

 ルイ・ファリア氏はモウリーニョ監督とともに17年間にわたり、コーチングスタッフとして働いていた。モウリーニョ監督も信頼を寄せ、自身の行く先々に連れて行き、素晴らしい経歴を築き上げてきたが、同氏は2017-18シーズンを最後にコーチングスタッフを退任している。

 今回ルイ・ファリア氏は同メディアのインタビューに応じ、不明だった退任の理由について次のように明かしている。

「家族のための決断だった。家族は何年も我慢してくれたし、彼らのことをもっと考えなければならないときが来たということだ。現在私は、バルセロナやニューヨークに行く用事もない。毎朝家族と朝食をとり、毎晩家族と一緒に夕食を食べ、話を聞く。ありふれた父親に戻りたかったんだ」

「仕事をしていた時の私は彼らの話を聞いていても、どこか上の空だった。当時からわかっていたが、仕事に夢中で、彼らに辛い思いをさせてしまっていた」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年10月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。