ネイマールが圧巻ハット! 親子で“偉業達成”も…CL第2節で起こったトピックス

ネイマールが圧巻ハット! 親子で“偉業達成”も…CL第2節で起こったトピックス
 チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージ第2節が2日と3日に各地で行われた。

 CL3連覇中のレアル・マドリードがCSKAモスクワ、昨季準優勝のリヴァプールがナポリに敗れた一方で、ドルトムント、アトレティコ・マドリード、バルセロナ、インテル、ユヴェントスの5チームが開幕2連勝となった。その他、今季CL初白星を挙げたクラブもあれば、思わぬ苦戦を強いられたクラブもある。話題は尽きないが、それ以外にも「見逃したかもしれないこと」を、イギリスのサッカーサイト『Squawka』やイギリス紙『デイリーメール』が挙げている。

①開始6分までに6ゴール

2日に行われた試合では、8会場のうち6会場で開始6分までに先制ゴールが生まれるという珍事が発生した。この日“最速ゴール”を奪ったのは、日本時間の深夜1時55分キックオフとなったマンチェスター・C対ホッフェンハイム。イシャク・ベルフォディルが開始44秒で先制ゴールを記録したのだ。さらに日本時間4時キックオフとなった試合でも、開始直後から次々にゴールが生まれる。CSKAモスクワがレアル・マドリード相手に開始65秒で先制すると、イタリアではローマがプルゼニ相手に開始3分でリードを奪う。その後も、バイエルンが開始4分、ユヴェントスが開始5分、ベンフィカが開始6分に次々とゴールを奪い、極めて早い時間にスコアが動いた。

②記念のハットトリック

2日にヴィクトリア・プルゼニと対戦したローマでは、エースのエディン・ジェコが大爆発。開始3分に先制ゴールを奪うと、40分と後半アディショナルタイムにも追加点を記録してハットトリックを成し遂げた。ジェコはローマの選手として初めてCLでハットトリックを達成。さらにボスニア・ヘルツェゴビナ出身プレーヤーとしても初めて、欧州最高峰の舞台でハットトリックを決めてみせた。さらに同日、ユヴェントスのパウロ・ディバラも、ヤング・ボーイズを相手に3得点をマーク。CLでハットトリックを達成したクラブ史上4人目の選手となった。元イタリア代表FWフィリッポ・インザーギ、元代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダルに次ぐ、偉業達成である。

あわせて読みたい

記事提供社から

この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。