4年間の悔しさを糧に…南野拓実が見せる香川真司とは異なるエース像

4年間の悔しさを糧に…南野拓実が見せる香川真司とは異なるエース像
「3試合連続ゴール? もちろん狙っていきます」。南野拓実は試合前から高い意欲を口にしていた。

 森保一監督率いる新生・日本代表発足後、9月のコスタリカ戦、10月12日のパナマ戦と2試合連続でゴールを記録していた。かつて、新監督就任直後に3試合連続ゴールを決めた日本代表戦士は呂比須ワグナー、岡崎慎司の2人のみ。今回の相手がFIFAランキング5位のウルグアイ代表ということを鑑みても、そのハードルは高いと思われていた。ところが、超満員の大観衆で膨れ上がった埼玉スタジアムで、彼はいとも簡単にその記録を達成してしまったのだ。

南米の強豪相手に決めた衝撃の2ゴール

 開始10分、中島翔哉がボールを持った瞬間、南野はディエゴ・ゴディンを背にボールを呼び込んだ。中島の鋭い縦パスを受けると、世界有数のDFを1タッチでかわしてエリア内に侵入。そのままサポートに来たDFも簡単に剥がし、右足のシュートでネットを揺らした。

 試合後、「翔哉が右足でボールを持ったらクロスも上げられるし、パスもつけてくれるというのは試合前に話していた。自分も狙っていたところなのでターンからイメージ通りにできてよかったです」と嬉しそうにコメントした。

 勢いはこの1点にとどまらなかった。66分、今度は堂安律が放ったシュートのこぼれ球に反応し、この日2点目を叩き込んだ。結果的にこれが決勝点となり、4-3という壮絶な打ち合いの末、南米の強豪から金星を挙げた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 南野拓実 日本代表
サッカーキングの記事をもっと見る 2018年10月17日のサッカー記事
「4年間の悔しさを糧に…南野拓実が見せる香川真司とは異なるエース像」の みんなの反応 1
  • 名無し 通報

    川島選手、吉田選手、高徳選手、山口選手、宇佐美選手、香川選手、岡崎選手、宮市選手、その他の選手も頑張って下さい

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「南野拓実 + 日本代表」のおすすめ記事

「南野拓実 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュース

次に読みたい関連記事「武藤嘉紀」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「堂安律」のニュース

次に読みたい関連記事「堂安律」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。