【日本代表】10月シリーズを総括!「融合」「浸透」「対応」の達成度は?

【日本代表】10月シリーズを総括!「融合」「浸透」「対応」の達成度は?
 森保ジャパンが、10月シリーズの2試合を終えた。結果は2戦2勝。それ自体は申し分ない。ならば、内容はどうだったか。そこで、10月シリーズのキーワードに挙げていた「融合」「浸透」「対応」という3つの視点から、ざっくり探ってみたい。

 まずは「融合」から。ざっくり言えば、森保ジャパン初招集となったロシア・ワールドカップの主力組とそれ以外の面々との絡み具合である。初の試みにしては――という但し書き付きなら『まずまずの出来映え』と言えるだろうか。

 もっとも、パナマ戦とウルグアイ戦では対戦相手の実力差はもとより、スタメンの顔触れも大幅に入れ替えているから、一緒くたに語るのは難しい。そこで話の中心は自ずと「現時点での最強布陣」を敷いたウルグアイ戦になる。

 攻守の両面に分けるなら、うまく融合していたのは4ゴールを奪った攻撃面だろう。敵将のタバレスが日本の特長として「前線のコンビネーション」を挙げたほどだ。しかも、仕掛けが速い。各々の判断にズレがあれば、成立しないようなシロモノがいくつもあった。

 象徴的だったのは3点目だろうか。堂安律の代表初ゴールである。中央の酒井宏樹にボールを預け、一気にエリア内へ。意図を汲んだ酒井からの丁寧なリターンを、巧みなトラップから冷静にゴール左へ流し込んだ。右サイドの新しいタンデムが瞬時に「崩しのアイディア」を共有していた。

 逆に食い足りなかったのは柴崎岳と2列目との絡みだが、相性の良し悪しではなく、柴崎がクラブで実戦から遠ざかっている問題が大きかったか。試合勘さえ戻れば、2列目との融合が一気に進んでも不思議はない。守備面は3失点したが、連係ミスよりも個人のエラー含みで、融合云々とはまた違った問題か。無論、細かな課題はあるにしても、現段階では及第点の出来と言ってもいいだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年10月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。