低調レアルが不名誉な記録を更新…“連続無得点時間”が史上最悪に

低調レアルが不名誉な記録を更新…“連続無得点時間”が史上最悪に
 レアル・マドリードが不名誉な記録を更新した。イギリスメディア『デイリー・メール』が20日に伝えている。

 20日、リーガ・エスパニョーラ第9節が行われ、公式戦4試合未勝利の5位レアル・マドリーはホームで11位レバンテと対戦。開始早々に2点を奪われると追いつけず1-2で敗れていた。そしてこの試合で、レアル・マドリードは“連続無得点タイム”のワースト記録を更新したようだ。

 レアル・マドリードは9月22日のエスパニョール戦でマルコ・アセンシオが41分にゴールを決めて以降、公式戦4試合連続でノーゴール。レバンテ戦でも無得点の状況が続くと通算465分になった時点で、“連続無得点タイム”のワースト記録を更新した。

 これはクラブが1902年に設立されてから、116年間の歴史において、最長タイム。なお、72分にブラジル代表DFマルセロがゴールを決めたことで連続無得点時間は“496分”でストップしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年10月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。