好調のマルシャル、噂されるモウリーニョ監督との確執を否定「良好な関係」

好調のマルシャル、噂されるモウリーニョ監督との確執を否定「良好な関係」
 マンチェスター・Uに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャルが、噂されるジョゼ・モウリーニョ監督との確執を否定した。イギリス紙『イヴニング・スタンダード』が20日に伝えている。

 同日に行われたチェルシー戦で2得点を記録したマルシャルは、「僕らの間には確執なんかないよ。とても良好な選手と監督の関係にある。これからもそうでありたいし、できる限りマンチェスター・Uに貢献したいと思っている。確かに今は上手くいっていないかもしれない。だけど僕らは真剣に働いているし、今日の試合では僕らが良いチームだということを見せられた」とコメントし、一部報道を否定した。

 契約延長オファーを拒否したとの報道もあったマルシャルだが、プレミアリーグここ3試合で3得点を記録するなど現在の好調ぶりで、取り巻く状況も変わりつつあるのかもしれない。

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年10月21日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。