独サッカー協会、ドルトムントDFへの退場処分を取り消し

独サッカー協会、ドルトムントDFへの退場処分を取り消し
 ドルトムントは、8日に行われたブンデスリーガ第16節のヴォルフスブルク戦で退場となったドイツ代表DFマルセル・シュメルツァーの処分が取り消しになったことを発表した。クラブの日本語版公式HPが伝えている。  シュメルツァーは、36分にヴォルフスブルクのオランダ代表FWバス・ドストのシュートをペナルティエリア内で手を使って防いだとして、レッドカードを受け一発退場となっていた。しかし、実際はひざでブロックしていたことがビデオリプレイで判明。試合を裁いていたヴォルフガング・シュタルク主審も、試合後に誤審を認めていた。  DFB(ドイツサッカー協会)は、シュメルツァーへの処分取り消しを発表し、16日に行われる次節のホッフェンハイム戦への出場が可能になった。 [写真]=Bongarts/Getty Images

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2012年12月11日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。