絶不調のサンチェスをモウリーニョが擁護「ケガを引きずっている」

絶不調のサンチェスをモウリーニョが擁護「ケガを引きずっている」
 マンチェスター・Uのジョゼ・モウリーニョ監督はチリ代表FWアレクシス・サンチェスについてコメントを残した。26日にイギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 サンチェスは今シーズン、公式戦通算8試合に出場し、1ゴール1アシストしか記録できておらず、チームに貢献することができていない。多くのファンやメディアに不調ぶりが批判されている。

 しかし、モウリーニョ監督はサンチェスの擁護に回った。同監督は次のように語っている。

「サンチェスはチェルシー戦でチームを助けようとしたが、体調が万全でなかった為、苦しい思いをした。その結果ユヴェントス戦に出場することができなくなり、悔しい思いをすることとなってしまった」

「私は、彼は今シーズン不調だと思っていない。トレーニングでは集中してプレーしているし、1月に移籍した選手というのはチームに馴染むのに時間がかかるものだ。シーズン開幕前の親善試合で良い結果を出しているし、残りのシーズンに期待している」

あわせて読みたい

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年10月26日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。