レアル監督就任が報じられるコンテ氏、代理人が接触を否定「連絡はない」

レアル監督就任が報じられるコンテ氏、代理人が接触を否定「連絡はない」
 アントニオ・コンテ監督の代理人を務めるダニエレ・コンテ氏が、レアル・マドリード指揮官への就任を否定している。イギリスメディア『スカイ・スポーツ』が伝えた。

 今シーズンからレアル・マドリードの監督に就任したフレン・ロペテギ監督は、現在リーガ・エスパニョーラで7位につけており、成績不振により解任が近づいていると報じられている。

 この状況を受けて、複数メディアは後任候補をリストアップ。前チェルシー監督のアントニオ・コンテ氏がトップターゲットだとして報じていた。一部メディアは、すでに本人と接触したとも伝えている

 しかし、報じられている接触はないようだ。同氏の代理人を務める実弟のダニエレ・コンテ氏は次のようにコメントし、レアル・マドリードからの接触を否定した。

「アントニオは、現在バケーションに入っている。彼はマドリードからの連絡を受けていない。(レアル・マドリードは)偉大なクラブだが、今のところコンタクトはないよ」

あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年10月26日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。