「前半を相手にあげてしまった」…S・ラモスがクラシコ大敗を振り返る

「前半を相手にあげてしまった」…S・ラモスがクラシコ大敗を振り返る
 レアル・マドリードは28日、リーガ・エスパニョーラ第10節でバルセロナとのアウェイゲームを戦い、1-5で敗れた。主将を務めるスペイン代表DFセルヒオ・ラモスの試合後コメントを、レアル・マドリードのクラブ公式HPが伝えている。

 この試合、レアル・マドリードは前半のうちに2点のビハインドを負う苦しい展開となった。後半開始早々にブラジル代表DFマルセロが1点を返して反撃の狼煙を上げたが、その後さらに3点を献上し、“エル・クラシコ”で屈辱的な大敗を喫している。S・ラモスは「僕たちは前半の45分を相手にあげてしまった。タレントが豊富な相手にそうしてしまえば、代償を払うことになる」とコメント。特に前半の戦い方を悔やんだ。

 大敗でフレン・ロペテギ監督の解任が決定的になったと報じられているが、S・ラモスは「僕たちが決めることじゃない」と多くを語らず。「僕たちは冷静でいなければならない。誰かを指さして批判するのではなく、自分たち自身を見つめる必要がある」と述べ、不振は選手たちの責任であることを強調している。

 今後の戦いについて同選手は「成長し、向上し続ける必要がある。それが僕たちが持たなければいけないメンタリティーだ」と話した。まずは、31日に行われるメリージャとのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)4回戦で復調へのきっかけをつかみたいところだ。


あわせて読みたい

気になるキーワード

サッカーキングの記事をもっと見る 2018年10月29日のサッカー記事
「「前半を相手にあげてしまった」…S・ラモスがクラシコ大敗を振り返る」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    どうなるかな❗

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。